慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【四字熟語】 衆生済度

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【四字熟語】 衆生済度  

【四字熟語】 衆生済度

【読み方】

しゅじょうさいど



【意味】

仏教で、迷い苦しんでいるすべての人々(生き物)をその境地から救い出し、悟りの世界へと導くこと。

【解説】

「衆生」は人類や動物など、生命を授かっているすべての生き物のこと。「済度」は「済(すく)い、度(わた)す」こと。苦しみ悩む生き物を、仏が悟りの涅槃(ねはん)に至らしめることをいう。

【用例】

十年に一度のご本尊ご開帳とあって、A寺は連日、衆生済度を願う人々でいっぱいだ。
-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク