慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【四字熟語】 千載一遇

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【四字熟語】 千載一遇  

【四字熟語】 千載一遇

【読み方】

せんざいいちぐう



【意味】

めったにない、よい機会。またとない、絶好の機会のこと。

【解説】

「千載」は千年、永い年月。「一遇」はひとたび会う、一度出会う。合わせて、千年に一度あるかどうかというほどまれで、得がたい好機という意。また、二度と出会うことがないと思われるという意。

【用例】

千載一遇の好機を逃がすな。

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク