慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【四字熟語】 浅学菲才(浅学非才)

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【四字熟語】 浅学菲才(浅学非才)  

【四字熟語】 浅学菲才(浅学非才)

【読み方】

せんがくひさい



【意味】

学問、知識が浅く、才能にも乏しい、劣っていること。

【解説】

「浅学」は学問、知識、教養のレベルが低く、未熟であること。「菲才」は生まれついての才能が乏しい、薄いという意。それぞれ、そういう人物のことを指すのではなく、自分をへりくだった言い回し、謙遜の語として用いられることが多い。

【用例】

浅学菲才の身でありながら、発表の場をいただき、感謝にたえません。

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク