慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【四字熟語】 贅沢三昧

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【四字熟語】 贅沢三昧  

【四字熟語】 贅沢三昧

【読み方】

ぜいたくざんまい



【意味】

したい放題に贅沢をすること。身分相応以上、必要以上に金銭などを費やすこと。

【解説】

もとは仏教語。「贅沢」は必要以上に物を買ったりする、おごった所業。身分を過ぎたおごりとたかぶりのことをいう。「三昧」はすっかり浸かりきるという意。

【用例】

私たち戦前生まれの者には、現代の若者の暮らしぶりは贅沢三昧に見える。
-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク