慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【四字熟語】 悪因悪果

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【四字熟語】 悪因悪果  

【四字熟語】 悪因悪果

【読み方】

あくいんあっか



【意味】

悪い行いには必ず悪い結果がある事、悪事は悪い報いをともなう事など、悪い因果関係のことをいう。

【解説】

仏教で「因果応報」の思想に基づく言葉。「悪因」は悪い結果を招く要素。「悪果」は悪い原因によってもたされた結末。「因」と「果」を分けて、それぞれに「悪」を添えている。

【用例】

☆食べ過ぎてお腹が痛い。これも悪因悪果だ。
☆銀行強盗が車で逃走中に、事故を起こした。悪因悪果の典型の様な話だ。

-----<広告>-----

トラックバック

http://partnersai.blog88.fc2.com/tb.php/1023-f9eb273b

 | HOME | 

-AD-

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク