慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【四字熟語】 蛙鳴蝉噪

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > なし > 【四字熟語】 蛙鳴蝉噪  

【四字熟語】 蛙鳴蝉噪

【読み方】

あめいせんそう



【意味】

蛙や蝉(せみ)が一斉に鳴き立てると、非常にうるさいことから、騒ぎ立てるだけで役に立たない議論や、冗長(じょうちょう)で大げさな文章などをいう。

【解説】

「蛙鳴」は蛙が鳴く、「蝉噪」は蝉が鳴き騒ぐの意。いずれも、ひたすらうるさいことから、騒ぎ立てるだけで内容の乏しい議論や、言葉を飾り立てている割に内容のない文章などを形容するようになった。

【類義語】

蛙鳴雀噪(あめいじゃくそう)

【用例】

マスコミの批判は蛙鳴蝉噪と受け流し、信念に基づいて行動するのみです。

-----<広告>-----

トラックバック

http://partnersai.blog88.fc2.com/tb.php/1021-c3335f8f

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク