慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【四字熟語】 阿鼻叫喚

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > なし > 【四字熟語】 阿鼻叫喚  

【四字熟語】 阿鼻叫喚

【読み方】

あびきょうかん



【意味】

地獄の様な惨状、むごたらしいさま。人々が苦しみ泣き叫び、救いを求めて逃げまどうさま。

【解説】

「阿鼻」は仏教の八大地獄の一つの「無間地獄」のことで、重罪人が墜ちるとされる。「叫喚」は大声で泣き叫ぶ意。同じく八大地獄の一つでもあり、二語を結びつけ、はなはだしい惨状を意味する言葉になったという。

【用例】

戦場となった村は、至る所で阿鼻叫喚図が展開されていた。

【出典】

『法華経(ほけきょう)』

-----<広告>-----

トラックバック

http://partnersai.blog88.fc2.com/tb.php/1020-c41b8861

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク