慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【四字熟語】 曖昧模糊

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【四字熟語】 曖昧模糊  

【四字熟語】 曖昧模糊

【読み方】

あいまいもこ



【意味】

物事の実態や本質が、よくわからない、ぼんやりとしてはっきりしないこと。全てが漠然(ばくぜん)としていて、はっきりしないさま。

【解説】

「曖昧」は、はっきりしない、不確かであること。「模糊」は、ぼんやりとしている、明白でないさま。類義の語を重ねて、意味を強調している。

【類義語】

有耶無耶(うやむや)

【反対語】

明明白白(めいめいはくはく)

【用例】

☆彼の弁明は、曖昧模糊としている。
☆政権争いが泥沼化し、その行方(ゆくえ)は曖昧模糊としている。

【出典】

『後漢書(ごかんじょ)』祭邕伝(さいようでん)

-----<広告>-----

トラックバック

http://partnersai.blog88.fc2.com/tb.php/1015-04b7790b

 | HOME | 

-AD-

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク