慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【四字熟語】 愛別離苦

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 悔やむ・惜しむ語句 > 【四字熟語】 愛別離苦  

【四字熟語】 愛別離苦

【読み方】

あいべつりく



【意味】

親子や兄弟姉妹、夫婦、恋人同士など、愛し合う者同士もいずれは死別したり、生別しなければならない。その悲しみや苦しみのこと。

【解説】

「愛別」は愛する者と別れることを言い、「離苦」は別れの悲しみや苦しみの意。仏教で、八苦の一つとされる。

【注意】

哀別離苦 ※哀←×

【用例】

☆いずれ愛別離苦の時が来るのが、人の世の常だ。
☆幼い我が子を失った両親は、その小さな亡骸(なきがら)を前に愛別離苦の涙を流した。

【出典】

『大般涅槃経(だいはつねはんぎょう)』

-----<広告>-----

トラックバック

http://partnersai.blog88.fc2.com/tb.php/1014-2375795e

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク